きっと上手くいくネット証券の選び方

株式市場が活況を帯びてくると個人投資家の投資意欲も活発化して、取引売買高も多くなります。株価上昇局面だと普段株式投資に興味が無い人でも「そろそろ株式投資でも始めてみようか」「どの証券会社の口座で取引しようかな」などと考える人も出てきます。そこで当ページではおすすめのネット証券会社を紹介していきたいと思います。ネット証券の選び方や成功する口座選びについて詳しく解説していきます。 続きを読む »

取引回数が多く利益を出しやすい外為オプション

最近多くのトレーダーから人気を集めているのが勝つか負けるかの2者択一の取引方法であるバイナリーオプションです。相場の未来が円安になるのか円高になるのかを予想して当たれば利益が貰えるという形式で、FXのようにレート価格がどれくらい動くかで利益額が決まるわけではありません。 続きを読む »

短期決済向けで約定能力に優れたFX口座

FX取引で大切な要素は取引したいときに取引できることです。たとえば、注文した時点でのレートで必ず約定することや相場の急変時にもスプレッドが拡大することなく快適にトレードできること等が挙げられます。
そのようなFX口座を提供しているFX会社とはいったいどこなのでしょうか?数多くあるFX会社だからこそ、自分にとってベストな口座を探し当てるのは難しいですよね。そんなときは”インターバンク直結型”の口座を用意しているところを選ぶことをお勧めします。インターバンク直結型のFX口座を詳しく紹介しているサイトはこちらです。→ FXインターバンク直結ナビ fx-interbank.net
インターバンク市場へ直結するFX業者の特徴はトレーダーが取引する際に、カバー取引を一切介さずにダイレクトにインターバンク市場へアクセスしてスピーディーに複数の金融機関が提示する一番有利なレート価格でトレードできるので取引コストを極力抑えられることができるメリットがあります。しかも約定スピードも速いため、スリッページが発生してしまうという恐れもなくなり、いつでも快く取引に望めることが可能なのです。

住宅ローンと団体信用生命保険について

住宅ローンのサイトを見ていると団体信用生命保険という言葉が出てくるのですがこの保険はいったい何なのでしょうか。マイホームの購入時などに住宅ローンをくむ必要が出てくるかと思いますが、ローンへ申し込むのと同時に生命保険にも加入しているのです。
団体信用生命保険とは、住宅ローンの返済期間中に途中で債務をお持ちの方が死亡、あるいは高度な障害を持った場合に本人に代替して生命保険会社が住宅ローン残高の支払いを行う保険のことです。今では住信SBIネット銀行やイオン銀行を始め多くの金融機関が団体信用生命保険料を無料で提供しユーザーからの人気を集めています。住宅ローンの金利を比較するだけでなく、団体信用生命保険の料金や8疾病保障が無料になるなどの付帯サービスを見比べるのも大事なことですね。

最近の外貨投資ニーズの高まり

7月の初めの時点で81円台だったドル円レートも7月の半ばくらいからは80円を割れ、介入があって再び80円台に載せるもののそれが絶好の売り場になって、また76~77円くらいに定着してしまっているのが現状です。
この超円高時代をどう乗り切ればいいのでしょうか?日頃から外貨預金やFXなどを通じて為替相場の情報をとっている方は、相場が大きく動くチャンスと思っている方も多いでしょう。ただ最近は70円台に目が慣れてきて、ドル円は一向に上昇しようとするパワーがなさそうに見えるのも事実。円安に進んでもそこでドル円は売られ下落して76円台に戻るといった動きがずっと続いていますから、ひょっとしたらもっと下がって70円割れ…なんてことも考えておかなくてはなりませんね。円を外貨へ替えるべき時か、円が強いうちに海外投資を積極的にすすめるのか判断するべき時が来ていますね。